企業とフリーランスの働き方の違い

エンジニアとして働く形態としては、企業に勤める場合とフリーランスとして独立する場合とがあります。それぞれにメリットやデメリットが異なりますが、忙しさもかなり違うものです。

まず企業に勤める場合、与えられた仕事をこなすというスタイルになるので、プロジェクトの内容や参加しているメンバーによって忙しさは変わります。ときに徹夜が続いたり休みも取れないほどに忙しい時期もありますし、逆に暇ができるときもあるものです。他の企業へ派遣されて常駐しての業務の場合には、割と余裕を持って仕事にあたるケースも見られます。いずれにしても収入は給料という形で固定されるので、残業時間によって増減します。

一方でフリーランスの場合、時間をどのように使うのかは全て自分次第です。つまり、忙しくするか否かは自分が決めることになります。仕事を獲得できれば忙しくもなりますし、それに応じて収入も増えます。けれども仕事が確保できていない場合には、営業活動を行ってクライアントを獲得することが必要です。つまり仕事があってもなくても、収入を増やそうとするならば忙しいことに変わりはないといえるでしょう。

さらにフリーランスの場合には、経理などのさまざまな雑務も自分で行う必要が生じます。特に確定申告の時期ともなれば、その作成のために時間を奪われます。企業に勤める場合は忙しいか否かは企業任せになり、独立したら基本的に忙しいものですが、さらに自分でその活動内容を決める必要があるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です