それぞれのエンジニアに求められるもの

エンジニアは企業で働く場合とフリーランスで活動する場合とで、求められるものは異なります。

まず企業に勤める場合、基本的には指導教育はあまり行われないのが現状です。つまりスキルアップは自分で行う必要があるということです。システム開発などの案件はプロジェクトが組まれ、その仕様書に従って人員が確保されます。それぞれに与えられる役割は異なりますが、エンジニア人口は少ないことから効率が求められます。そのためにスタッフそれぞれのスキルに応じて作業が分担されます。ゆえに、自分でスキルを高めない限りはいつまでも同じような作業しか与えられないことになります。

また業界全体として、マネジメントを行う人材不足が顕著となっています。そのためにエンジニアにはビジネススキルを身につけることが求められます。といっても、企業でそのような教育が行われることは少ないので、やはり独学で行うことが求められます。このように、企業に勤める人材としては自主性を持って活動できることが求められることが分かります。

一方でフリーランスの場合は、全てが自己責任で行うことを求められます。仕事の確保や案件の進行管理、経理などの雑務といった全てを自分で行うわけです。案件処理のための業務と並行して、クライアント確保のための営業活動を行うことも必要です。このように独立して活動する人材としては、あらゆる業務をマルチに行えるスキルを持つことが求められます。